預金と貯金に違いがあるのか

預金と貯金といいますと同じようですが、お金を預けるところで呼び名が異なります。銀行等かか郵便局等かです。

預金と貯金に違いがあるのか

預金と貯金に違いがあるのか 金融機関にお金を預けることがあります。その時に通帳を作ることがありました。それほどたくさんあるわけではないですが、ふと言葉の違いに気が付きました。ある通帳には預金通帳と書かれ、別の通帳には貯金通帳と書かれています。一方はお金を預ける、一方はお金を貯めることになるのでしょうがなぜこのような違いがあるのでしょうか。特に大きな決まりではないようですが、前者に関しては主に銀行や信用金庫などの一般的な金融機関が該当します。

これらの金融機関はもちろん民間の企業になります。ですからお金を預けるとの言葉を使っているのでしょう。では後者に関してはどうかですが、こちらは郵便局、農協、漁協などになります。郵便局は今でこそ民営化していますが数年前までは国が運営していました。農協や漁協に関しては国が運営しているわけではないですが、民間の企業が行っているわけではなく全国的な組織が行っています。それらを利用しているのは所属員のようなものです。

ですからお金を預けるよりもそこにお金を貯めるとのことでその言葉が使われたのかもしれません。厳密なことを言えば郵便局にお金を預金するとの言葉はおかしいとの事になります。もちろん問われることはないでしょう。

Copyright (C)2014預金と貯金に違いがあるのか.All rights reserved.